ホーム離婚時の売却相談

不動産の売却相談

  • 空き家・空き地の売却相談
  • 離婚時の売却相談

離婚時の住宅問題…どうしていいかわからない方、私たちにご相談ください。

ローンが残っている不動産でも「任意売却」なら売却できます。

離婚時にどうしていいかわからず、共同名義のマンションなどをそのままにして離婚される方がいらっしゃいますが、
お互い別々の生活が始まるので、これまでのようにローンの支払いを続けていけなくなることがありトラブルが後を絶ちません。
このような事態を避けるためにも、早いうちに不動産の問題を解決しておくことをお勧めします。
「家を売らずに、離婚後も住み続けたい」という方は、名義連帯保証の状況を確認しておかねばなりません。

離婚前のご主人・奥様からのご質問

離婚後は誰も住まなくなるので売却したいのですが、ローンが残っています。
売却できますか?

大丈夫です。ローンが残っていても、「任意売却」ができます。

必要でなくなった物件を空き家にしておくのはもったいないですよね。
「任意売却」であれば、市場価格に近い金額で売却が可能ですので、残債の軽減にもつながりますし、ローンが払えなくなって、住宅が競売にかけられてしまうリスクを回避することができます。

共有名義の自宅を売却するには、離婚前と離婚後どちらがいいですか?

どちらでも大丈夫です。ただ、離婚後お互い連絡が取れなくなると売却できなくなりますので、トラブルを避けるためにも、離婚前の売却をお勧めいたします。

離婚後はできるだけ連絡したくない、会いたくないと思うことは当然の感情です。
時間が経過してしまうと、トラブルになるケースが多くなるので、離婚前に売却されることをお勧めいたします。

離婚前のご主人からのご質問

離婚後、自分名義の物件に妻子をそのまま居住させることはできるでしょうか?
住宅ローンは、養育費代わりに支払っていく予定です。

住宅ローンを支払い続けるのであれば大丈夫です。
しかし今後、自分の生活費と2重の負担になります。住宅ローン完済まで支払い続けられるかよく考えてご検討ください。
払えなくなった場合、放っておけば競売になってしまいますので、最悪の場合、強制退去となってしまいます。

離婚前にもっとも多いご相談です。今後のお支払いに不安がある方には、「任意売却」をご提案しています。
任意売却であれば、債権者との交渉次第で、奥様とお子様のお引越代を捻出することも可能ですし、お引越の時期も選んでいただけます。
お引越先もお子様の校区内でご紹介いたしますので、ぜひ一度当社にご相談ください。

共有名義の自宅を売却したいのですが、妻がこのまま住み続けると言って、同意してくれません。

当事者での話合いが困難であれば、当社の担当員が説明に伺います。

第三者が介入することで、相手方には話せない事情も分かりますし、専門の立場から住み続けるリスクなどもご説明できますので、スムーズに任意売却に同意していただけることもあります。

妻が連帯保証人になっています。自宅を売却しても残債が残るのですが、連帯保証人の妻に何か影響はありますか?

連帯保証人は主債務者と同じ責任を負いますので、奥様にも返済の義務はあります。
売却後、ご主人が返済できなかったり破産した場合は、連帯保証人である奥様が返済しなくてはなりません。
ご心配な場合は、一度当社にお問い合わせください。当社から奥様にご自宅の売却と、その後のお支払いについて説明することも可能ですし、ご主人には弁護士を紹介いたします。

奥様が連帯保証人になっておられるのは非常に多いケースです。主債務者であるご主人が破産をするとなると、当然連帯保証人である奥様が返済をしなくてはいけません。
そういった場合のアドバイスをさせていただきます。

離婚前の奥様からのご質問

住宅ローンが残っている夫名義の不動産を、私(妻)の名義に変更できますか?

住宅ローンが残っている場合、抵当権者(金融機関)の同意が必要になりますが、ほとんどの場合同意してくれません。住宅ローンの名義変更は、たとえ離婚が理由であっても困難です。

名義変更が難しいので、夫に家賃としてローン分を支払いそのまま住み続けたいと考える方も多くいらっしゃいますが、トラブルの元になる可能性があることをご承知おきください。

別居中の夫と連絡が取れません。共有名義で私が連帯保証人になっている自宅は、私の意志で売却できますか?

裁判所に不在者財産管理人の申請を行い、別途、家庭裁判所に権限外行為許可を貰えば、任意売却は可能です。ただし、不在者財産管理人の選任に3~6 ヶ月、さらにそこから権限外行為許可に3ヶ月程度かかるので、債権者から競売開始決定通知が届いてからだと間に合いません。

ご主人の連絡先がわかれば、当社の担当からご主人に連絡を取り、売却についてお話をさせていただ くこともできます。第三者の連絡には応じてくださるケースもありますので、お気軽にご相談くださ い。

連帯保証人を辞めることはできますか?

返済途中で連帯保証人を抜ける事は極めて困難ですが、現在の住宅ローン残高が、夫婦合算ではなく夫の単独収入で借り換えることができるなら、妻側が連帯保証人になる必要はありませんので、離婚前にローンを借り換えることで、連帯保証の責任は消滅することができます。

共有名義や連帯保証人のままにしておくとさまざまなトラブルの危険性があります。これらの解決策として「任意売却」があることをご承知おきください。売却してもローンが残っている場合、任意売却なら収入や状況を考慮した無理のない返済が可能になります。

離婚後のご主人からのご質問

離婚した妻と子供が住んでいますが、住宅ローンの返済が困難なので売却したい。

住んでいる奥様に、当社から今後どうなるかの説明に伺います。任意売却をする際は、引越先の斡旋もさせていただきます。

奥様が連帯保証人になっている場合、ご主人のお支払いが止まったら、奥様が責任を負わないといけません。そういったご説明を当社の担当者からさせていただきます。

離婚後の奥様からのご質問

夫名義の物件に住んでいますが、滞納があることがわかりました。
私は連帯保証人ではないのですが、今後どうなるでしょうか?

金融機関は滞納が続けば競売の申立を行います。そうなるといずれ強制退去になります。競売を避けるには任意売却しかありません。最悪、ご主人と連絡が取れず競売になっても、連帯保証人でない奥様は、引越されるだけで大丈夫です。

ご主人の連絡先がわかる場合は、競売を避けるために、当社の担当からご主人にお話をさせていただきますので、まずは奥様からご面談させていただければと思います。

  • 空き家・空き地の売却相談
  • 離婚時の売却相談

離婚時の売却相談「幅広い内容に対応します。お気軽にご相談ください。」

【青森市エリア】017-773-5081(営業時間 10:00~18:00/定休日 水曜日)【弘前市エリア】0172-38-0980(営業時間 平日10:00~18:00 日曜日10:00~17:00/定休日 水曜日・祝祭日)

不動産の査定価格がすぐわかる!「3秒査定」


ページの先頭へ

Copyright © SEITOJISYO. All Rights Reserved.