ホーム誰も教えてくれない賢く正しい不動産売却のコツ青森県にお住まいの皆さま、不動産の価格の決まり方を正しく知りましょう

誰も教えてくれない
賢く正しい不動産売却のコツ

vol.06
2017/07/02

青森県にお住まいの皆さま、不動産の価格の決まり方を正しく知りましょう

不動産 鑑定

青森県の土地は、平成9年以降連続して下がり続けています。

未だに不動産価格の下落傾向は止まっていません。

※参考 青森県の土地価格 https://tochidai.info/aomori/

 

それでは、不動産の査定はどのようにして行うのでしょう?

土地の査定をする時には、一般的に、

①各不動産の固定資産税評価から計算する(固定資産税価格÷面積÷0.7)

②土地路線価図から計算する(土地路線価÷0.8) (http://www.rosenka.nta.go.jp/

③売却事例から計算する(売却事例÷面積)

上記3つを平均して行います。

 

では、固定資産税評価と土地路線価はどうやって決まるのでしょう?

それは、不動産の売買事例から決まります。

 

結局、不動産の査定価格を決めるのは、 売買事例です。

実際にいくらで売れているかということです。

 

不動産の売買事例はどのようにして決まっているのかというと、

需要と供給の関係で決まります。

 

土地を売りたい人よりも、買いたい人が多ければ上がりますし、

土地の買いたい人よりも、売りたい人の方が多ければ下がります。

 

青森県の土地は、47都道府県中46番目の上昇率です。

日本で2番目に土地が下がっている県だということです。

その一番の理由は人口の流出です。

住宅を購入する、若者人口が増えないと土地価格は上がらないのです。

 

不動産価格は、土地を購入する人口の大小で決まります。

青森県の土地価格が将来上がるとしたら、

人口が増える状態にならないといけないということです。

一覧に戻る

不動産の査定価格がすぐわかる!「3秒査定」


ページの先頭へ

Copyright © SEITOJISYO. All Rights Reserved.