お客様の解決事例

弘前市E様

弘前市E様

  • 種別一戸建て
  • 相談早期売却
  • 年齢62歳
  • 家族本人・妻

中古住宅を他社で仲介に出していたが、販売期間中に雪害で軒が折れてしまった。

中古住宅を他社で仲介で売りに出していたが、中々売れず、昨年積雪の重みで軒が折れてしまいました。

成都地所さんに相談したら、中古住宅は仲介で長く売りに出していると、

売れずらくなるばかりでなく、今回のような雪害や通行人へ怪我をさせて損害賠償を請求されるなど、

リスクがとても大きいとのこと。

 

現状では売れないと思ったのですが、快く、即買い取っていただけました。

 

 

 

罹災した家を買取ました

今回、E様はご両親の亡くなった後の空き家を処分しようと考えていました。

空き家の場合、すぐに売れないと、

光熱費や不法投棄対処、除雪、草刈などの維持費がかかるだけでなく、

価格の下落(土地の下落と建物の償却)、価値の下落(老朽化)、

そして、建物所有自体の近隣へのリスク(屋根雪、風による通行人の怪我など)

が高まります。

 

今回、屋根の軒が折れていましたが、

改修可能だったため、

当社で買い取ってリフォームして売り出すことになりました。

一覧に戻る

不動産の査定価格がすぐわかる!「3秒査定」


ページの先頭へ

Copyright © SEITOJISYO. All Rights Reserved.