お客様の解決事例

弘前市B様

弘前市B様

  • 種別一戸建て
  • 相談早期売却
  • 年齢60代
  • 家族本人・妻

築10年の新しい住宅を住み続けたかったが、住宅ローンが払えなくて売却の相談をしました。 住み続けるご提案をいただいて助かった。

K様は50代で住宅を購入されました。
定年退職はまだ先のことと、退職後のライフプランを計画していなかったために、想定以上に収入が少なくなり、毎月の生活費が不足するようになりました。

住宅ローンを払えなくなり、消費者金融からお金を借りて、どうしようもなくなり、成都地所に「住宅ローンを払えなくなったので、家を売ってほしい」と相談がありました。
しかし、本音を聞くと、「本当は売りたくない。実は住宅ローンだけではなく、消費者金融の借金もあり、今のままではとても生活はできない」と。

そこで、家を残す方法をアドバイスさせていただきました。

家を売りたくないという意思に沿って、売却ではなく個人再生による債務削減方法をご案内しました。

K様は私のアドバイスに従って、個人再生の手続きをとりました。
結果としては、消費者金融からの借入に関して毎月の支払いが減額でき、 また住宅ローンも毎月の返済額を減額することができ、 今もマイホームに住み続けることができています。

K様とはお会いする度に感謝され、 私どもとしても非常にうれしい限りです。

 

一覧に戻る

不動産の査定価格がすぐわかる!「3秒査定」


ページの先頭へ

Copyright © SEITOJISYO. All Rights Reserved.